• トップ /
  • 予防歯科の重要性を紹介

海外では普通な予防歯科

歯科への通院を減らすには

予防歯科が大切なわけ

歯医者は虫歯になってから行くだけの場所ではありません。最近の医学では、一次予防が重要とされています。一次予防は病気を未然に防ぎ、健康を維持することです。二次予防は早期発見・早期治療、三次予防はリハビリテーションです。できることなら、歯の病気にもかかりたくないですよね。歯を健康に保つ一次予防のためにも、予防歯科を受診しましょう。予防歯科のために歯医者さんに行くと、歯科衛生士さんの指導を受けられます。正しい歯の磨き方や、磨き残しが目立つ部分を教えてもらい、予防に役立ちます。

こまめに歯医者にいくことは大切

歯が痛いとかよほどのことがないと歯医者に行かないケースが多いのではないかと思います。歯の痛みを市販されている鎮痛剤でごまかし続けるのはかなりのリスクを伴います。実は口の中の病気は全身疾患につながる可能性があるからです。虫歯をはじめ口の中の菌が繁殖するとそれは食物とともに内臓に入る可能性が高く、体の中でそれらの菌が悪さをすれば、当然別の病気になる可能性は高いのです。内臓疾患の場合と比べて軽視される傾向にある歯医者ですが、口の中だけでなく自分自身の健康のために定期的に通いましょう。

↑PAGE TOP