• トップ /
  • 30歳以降は歯周病に注意

歯周病の予防方法

歯科への通院を減らすには

歯周病にならないためのケアとは

歯周病は進行してしまうと、歯が抜け落ちたり、全身に菌が回り体に不調を感じたりしてしまいます。初期の段階では気が付きにくく、ある程度進行した状態で気が付くため日ごろからのケアが大切となります。歯周病にならないためのケアは、歯磨きの仕方と歯ブラシの選び方が大事です。歯ブラシはできるだけコンパクトなヘッドもので、細かく磨けそうなものを選びましょう。歯や歯茎を傷つけないやわらかめのものを選ぶのも大切です。

↑PAGE TOP