• トップ /
  • 歯科は通院が必要なことが多い

歯科治療の通院と費用について

歯科は通院が必要なことが多い

歯科通院での治療費用の目安

歯科は、虫歯の程度が軽ければ一度で治療が完了することもありますが、ひどい虫歯や他の口腔トラブルがあれば、ほとんどの場合で通院になります。歯科の通院で気にかかるのが「費用」です。病院と同じように、保険内診療であれば、料金は日本医師会によって定められており、社会保険歯科診療報酬点数早見表で決められます。基本的には、基本診療料と特掲診療料、加算の組み合わせとなります。通院となると次回は再診となるため、初診料よりも安いですが、再診料は毎回必ず必要となります。通院の際の治療費用は虫歯の場合、程度と治療によって異なります。痛みがないまたは水がしみる程度では1500〜2500円ほど、冷たい物がしみるまたは何もしていなくてもズキズキ痛む程度では3000円前後、抜歯が必要な場合は5000円ほどかかるとされています。状態によって点数が加算されることもありますし、健康保険証を持っていない場合は全額負担になりますので、この限りではありません。歯科の費用は、歯周病や入れ歯(プラスチック)、知覚過敏、顎関節症、歯ぎしりなどは保険内診療で治療してもらえますが、一部の入れ歯やインプラント、ホワイトニング、歯列矯正などは保険外診療となるので、歯科での治療の際は費用の確認をする必要があります。

↑PAGE TOP